ひふみ投信 運用実績公開

投資
スポンサーリンク

どうも おーじろーです。

みなさんは、「ひふみ投信という投資信託をご存じでしょうか。

 

おーじろーの投資スタイルの記事で書いたのですが、おーじろーは「ひふみ投信」の投資信託を2016年より利用しています。

 

2019/8/5現在で +192,978円 (+21%) の含み益を得ています。

本日は、このひふみ投信の「今」を紹介します。

 

 

ひふみ投信とは

そもそも「ひふみ投信」って? と、ご存じない方もいらっしゃると思いますので紹介します。

 

レオス・キャピタルワークス株式会社が運営している「直販」型の投資信託です。

 

レオス・キャピタルワークス株式会社の社長である藤野英人さんが2017年に紹介されたり、投資信託の運用実績が良いため数々のファンドの賞を受賞したりしています。

 

同レオス・キャピタルワークス株式会社が提供する「販売会社」用の投信信託である「ひふみプラス」が各証券会社のランキングに出ることが多くなったので、見かけた人も多いかもしれません。

 

運用の実績としても、標準価格が運用開始から10年ほぼ右肩上がりの実績を出しています。

毎月の運用レポート

ひふみ投信を利用していると、毎月2回運用レポートが届きます

レポートの中で、実際に投資している会社の事業内容などを紹介したり、時には会社見学まで企画することもあり、良い会社を広く知ってほしいとの意思を感じます。

 

また運用報告にはひふみ投信で投資している会社の上位10社を紹介したりと、利用者を安心させる要素を各所で感じます。

 

「ひふみ投信」がコツコツと長い目で良い企業に投資し基準価格を上昇させる投信のため、短期投資ではなく長期投資で積立投資をすることをおすすめされる投資信託になります。

 

 

最近のひふみ投信

2017年に「カンブリア宮殿」に出演してから、ひふみ投信へ投資する人・金額が上がったのか、基準価格が異常なほど上昇しています

 

またここ1年での運用実績が「-13.1%」と最近ひふみ投信へ投資を開始した人の中には損をしている人もいる状態にすらなってしまいました。

残念ながら、現在の状態のまま右肩上がりで標準価格が上がるのは正直厳しい状況と見ざるを得ない状況です。

おーじろー も現在は定期購入を止め様子を見ている状況です。標準価格が40,000円を下回るくらいになるとまた購入を検討したいと思っています。

 

まとめ

長期の積立投資向きのアクティブファンドである「ひふみ投信」ですが、標準価格もやや割高であり、今から始めるのはおすすめできる投資信託ではなくなってしまいました

ただ、ひふみ投信の特徴である「成長企業に投資」するという考え方と調査する知識はかなり参考となります。

おーじろー も運用レポートで、経済状況の考え方や、成長する企業の情報を得たりもしています。

現在は、投資する状態を止めていますが、もう少し標準価格が落ち着いたら改めて投資を再開したいと思える。投資信託の一つです

「ひふみ投信」に興味が出たかたがいましたらリンクを張っておきますのでご参考ください。

ひふみ投信

 

 

閲覧ありがとうございます!
ポチッと応援していただけると嬉しいです!
にほんブログ村 小遣いブログへ
タイトルとURLをコピーしました